2006年03月02日

誇りあるサービス

KLMオランダ航空バッジ.jpgこの写真のもの、これそのものに価値があるのかないのか・・・は、実はわからないのですが、わたしの子供の頃からなぜか宝物おもちゃ箱の中に紛れ込んでいて、それを年頃になった時、そのままきちんとした宝物に移行してずっと大事にとっておいたものです。
KLMオランダ航空のピンバッジ。(空港で売っていたものか、はたまた会社のなにかなのかは、今となってはさだかではありません。詳しいことは内緒。(苦笑))

それはさておいて何が言いたかったかといいますと、このバッジの羽の上の王冠は、永年にわたりオランダに貢献した企業、それも一業種一社にのみ限られ与えられる“ロイヤル”の称号の証なんですね。KLMオランダ航空(ROYAL DUCH AIRLINE)は、その限られた数社の中の一社になります。

今、JALが大もめにもめて大変な事態になりながら、経営陣を刷新し新たな展開をはじめています。ニュースでも大きく取り上げられていますが、JALがこんな事態になるなんて、昔は考えられないことでした。航空事業は、KLMオランダ航空がロイヤルの称号を与えられるくらい国を挙げての事業でもあり、日本においてJALは、その誰もが知るリーディングカンパニーです。これは、本当に悲しい事態。

過去のJALは、誇りあるサービスを提供する、ロイヤルに匹敵するだけのものがあったはずです。鶴丸マークのロゴが消えたのと一緒に、その誇りまで失ってほしくはありません。
一日も早くこの危機的状況から、脱してほしいです・・・。


posted by Rin at 01:34| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世の中、飛行機はボディが白、尾翼のロゴで会社を認識が主流になっている中、KLMはあくまでスカイブルーを貫いている。CIも1961年から変わっておらず(Rinさんのバッジはそれより古い物ですよ)飛行機マニアの間では人気があるんですよ。
 
以前、オランダ関係の仕事で勝手にKLMのような王冠マークを入れたら叱られました。オランダにとって王冠(ロイヤル)はなかなか認定されない思い入れの強いものらしいんです。
 
でも、2年前KLMはエール・フランスに買収されてしまいました。これから国がアイデンティティを守れるのかが問われてきます。
 
しかし、JALの件は困ったもんでした。結局クーデターを起こしたのは、今まで不祥事を起こした担当役員で、今回クビになりそうな雰囲気だったからなんですよね。会社の問題解決より、自分の進退を考えている。ヨーロッパみたいに自由化したら、多少は危機感がでてくるかもしれませんよ。
Posted by metabolism at 2006年03月02日 06:24
柳本様(metabolism様)

このバッジを出せば、柳本様のご意見が聞けるだろう
なぁと、踏んでおりました。(笑)
航空関係についてデザインから切り込むなら、飛行機
好きでご本も出版されていらっしゃる柳本様のお話は
貴重です。ありがとうございます。

写真のバッジの形は、KLM公式サイトの
“Highlights from KLM’s history”の一番最初に
出てくるくらいなので、古いだろうなと思います。
その昔、東京に住んでいた子供時代に、あちこちの国
の航空関係者の方に遊んでもらったこともある(現在は
まったく関係ございませんが)ようなのですが、まったく
覚えておらず残念なことです。このバッジ、本当にレゴ
ブロックやおはじきやらのおもちゃといっしょくたに
していて(そのおもちゃも子供のわたしには宝物では
あったと思いますが)、それでも現在までこれが手元に
残っているのは、子供心ながらこのデザインに何か貴重
なものを感じていて、捨て去ったりすることはなかった
からでした。
ロイヤルの称号といったような言わば心構えをも表現した
デザインは、意味がわからない子供にも価値を感じさせ
る。デザイン・カタチの力ですね。
これがKLMのものだと認識したのは、かなり大きくなって
からのことです。

エール・フランスに持ち株制で経営統合されましたが、
KLMの名前もスカイブルーも変わりなく健在で、日本
での昨今の買収劇とも違い品位があるように思うところ
も、今の日本の経済動向がしっかり見直されていって
ほしいと比べてしまう部分です。
今のJALの状況は、悲しすぎます。
鶴丸マークのころの方がよかったと感じること、日の丸
を思わせる鶴が羽ばたく日本を代表するエアラインの、
シンボルの精神があったことを、思い出してほしいです。
Posted by Rin at 2006年03月02日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック