2006年03月29日

お誘い上手

スイーツショップ.jpg

おなかは空いていて、でも時間のない時は、なんて罪なお店・・・。(笑)というのは冗談ですが、最近のスイーツカフェなどの店頭の魅せ方は、ホント上手なところ多いですね。

販売しているカウンターのショーケースには本物のケーキが美味しそうに並んでいて、そして壁面ケース一面にケーキが並んでいたりもありますが、あれは偽物だったりします。でも偽物と思えない精巧さ。とっても美味しそう・・・。すごい技術の進歩ですよね。
あと、ケーキをつくったり切ったりしているところを、外から見せる演出のところも増えています。見せられることで、匂いはしないのに、甘い香りが漂ってきそうに感じてしまう。視覚的効果バツグンです。
甘いもの好きには、お店の中からケーキに“おいで、おいで”されてるような、呪文をかけられてしまいます。


話は変わりますが、スマップの新曲は“世界に誇れる日本女性への応援歌”だそうです。でたでた!“世界に誇れる日本”、しかも“女性”ときました。(今朝の「めざましテレビ」での話題でした。)
最近の、日本の回顧を促す売れている本なども、なにも、ご年配の方々の間でだけ売れているわけじゃなかったりです。こと「ラスト・サムライ」以降、売るという部分では、けっこう仕掛人もいそうだなという感じもありますが、まぁ、こういう風潮はメディアの作戦勝ちになればなったで、よい風潮かなとも思わなくもなくです。日本のデザインを見直す上でも、よい影響もあるんじゃないかと。
ここではブームに関係なく(ブームより先に思ってましたが)、過去にさかのぼり“世界に誇れる日本のデザイン”のよさを見直したいと思ってきておりますが、それは一時のブームには終わらせたくないものです。

女性についていえば、スマップの場合、あまたの日本女性ファンに支えられてもいますから、最近のちょっとしたブームをうまく取り入れて、上手に女性をよい気分にさせておこうといったところでしょうか。さすが、お上手です。
日本経済において消費が冷え込んだ時も、比較的元気に消費を支えていたのは女性だったりもします。
スポーツ界でも、日本女性の活躍がめざましかったりですから、“世界に誇れる”もウソじゃないですしね。これが一番、大きな影響力かもしれませんね、日本を見直す(さらに+女性)ってことをブームにまでもっていこうとする発想に。

男性の方々も、身近な女性をそんな歌やスイーツでも小道具にねぎらっておくと、よいことあるかもしれませんよ。


posted by Rin at 12:04| Comment(2) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗なショーケースですね。
どちらでしょうか?
Posted by shotam at 2006年03月29日 22:51
shotam様

実は、少し前のららぽーとで撮ったカフェなん
です。
けれど、今日フロアーマップを見てみましたら、
どうやら改装されて、雰囲気は変わっている
ようです。
ショーケースは同じようなものですが。
コムサのBerry cafeです。

ほんと移り変わりが早くて、少々驚いてます。
Posted by Rin at 2006年03月29日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スイーツ大好きな方のための情報満載!!
Excerpt: 美味しいスイーツが食べ放題になるケーキバイキング。色んな情報集めてみました♪
Weblog: ケーキバイキング大好き
Tracked: 2006-04-06 08:49