2006年09月16日

ひまわり


夏の終わり、秋の始まり。

街に咲いたひまわりは、
一面仲間が咲き誇る
広い大地を夢に見て、
かなわぬ夢を抱いたまま、
恋しがるようにもの哀しい。
けれど一輪、凛と咲き、
その艶やかさで街を彩る。
その艶やかさは
人の心に留めおき、
涼しい風を受けながら、
終わりを告げる季節になお、
俯きながらも凛と佇む。

終わりを告げるひまわりは、うなだれ俯きもの悲しい。
けれどその俯きに、種が実り命をつなぐ。
夏のきらめきは思い出に、傾く太陽を背に受けとめ、
ひとつの時を刻み終えてなお、俯きながらひそやかに微笑む。
終わり、そして始まりに。
posted by Rin at 13:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 街角・風景 等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても素敵な言葉ですね。
夏も終わり季節ももう秋ですね!
Posted by onora123 at 2006年09月16日 21:11
onora123さま

こんばんは(^^)
ありがとうございます。

ほんと、季節がめぐるのも時が経つのも、
早いものですね。しみじみします。
夜になると、更に秋だなぁと感じる今日
この頃です。
Posted by Rin at 2006年09月16日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。