2007年01月19日

動き出す方向

今年最初のブログ記事に、イオン豊中緑丘ショッピングセンターを取り上げさせていただきましたが、やっぱりという感じで、今日の繊維新聞の1面にイオンさんのLSC(ライフスタイルセンター:地域住民を顧客に想定した、オープンモール型の中規模ショッピングセンターのこと。アメリカで富裕高齢者層向けに開発が始まったもの。)開発についての記事が掲載されていました。
1号店は宮城県塩釜市に今春オープンのようですが、これまた豊中緑丘と同じマックスバリュを核店舗にするそうです。
周辺環境から考えても、あのNSCでの考え方も発展させてLSCに繋げる方向で事が動いていたりして・・・なんてちょっと思っていました。さっそく表面化してきたようです。

ライフスタイルにこだわる方向性は、デザイン性の高さも必要になってくるはず・・・。
大手チェーンストアも変化の時、それとセットになって、良くも悪くも大きな流れの変化も加速していくかもしれません。良い方向へと変化していってほしいですね。
posted by Rin at 23:49| Comment(2) | TrackBack(1) | デザイン全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライフスタイル型ショッピングセンターの場合、ターゲット設定を明確にすることが考えられますが、どうなんでしょう。
イオン豊中緑丘ショッピングセンターを1号店とせず、宮城県塩釜市を1号店とし、しかも格店舗が同じマックスバリューというのは気になるところです。
違いがどのように表れてくるのか興味津々です。
Posted by サーカスマン at 2007年01月21日 08:05
サーカスマン様

コメントありがとうございます。

新聞情報からですがイオンはLSCについて、店舗
面積を1万未満〜2万数千uに設定し展開を
図っていくようで、すでにあるNSC・SuC・CSC・
RSCを扱う専門部署のRSC以下の物件でのノウハウ
を利用しつつ、新たな専門部署の立ち上げもある
ように思われます。

塩釜の周辺環境がわかりませんのでなんとも断言は
できませんが、マックスバリュについては固定
概念を打ち破るイメージ変換もありといった、
幅広い発想での対応を考え中なのかな・・・という
気もします。
そのための豊中緑丘での投入かな・・・とか。

いずれにしても、従来の基本タイプをマニュアル
化して、どの地域でも金太郎飴のように同じような
施設展開というのでは、これから先の時代ニーズには
応えられないかと思われますので、今後の展開は
わたしも興味津々です。
Posted by Rin at 2007年01月21日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジャスコ塩釜店が2月20日で閉店
Excerpt: <B>JUSCO店舗情報 塩釜店 塩竈市観光物産協会 - ジャスコ塩釜店</B>  ジャスコ塩釜店が2月20日に閉店するそうです。  1974年10月に開店だそうですので、約32年間、宮城県沖地震も乗り越..
Weblog: 塩竈で暮らす。
Tracked: 2007-02-10 16:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。