2007年03月16日

長期的展望における“遊び”

仕事において、大きなプロジェクトをはじめようとする時、その長期的な展望を考えながら、慌てず、騒がず、はしゃがずあることも、とても大切なことだと思います。
それでいて、続けるためのモチベーションも保てなければならない。盛り上げつつ、盛り上げるだけではいけない部分、その状況判断はなんらかの形でプロジェクトに関わる人に必要なことでしょう。

プロジェクトにも様々なものがありますが、世の中に前もって大きく宣伝して始めるもの、そうはせず、はじめてから軌道修正をできるようにしておくもの、そのプロジェクトの目的によって方法も色々です。
その方向性を、プロジェクトを進める核となっている人々が理解していれば、慌てることなく対処が可能です。

それが企業のプロジェクトであれば、その企業の方向性を信じて集まる人もあるでしょうし、人が中心であれば、人の考え方を信頼して集まる。
企業や人は信頼していても、考え方や立場によりそのプロジェクトには一致できないものがあって、参加を見送る人があることもごく自然なことだと思います。

自分が何かのプロジェクトに参加する時は、その関わり方にもよりますが、方向性や展開の仕方をある程度予測して判断します。軌道修正の可能でないものに参加するようなことは最初からしないでしょうし、プロジェクトの中心となる企業や人の意図をある程度探って、見抜くこともできる自信は多少なりとも持っているつもりです。かといって、それが間違っているとなった時には、自分自身も軌道修正を図ります。大人の仕事の集まりとは、プロジェクトへの信頼に基づいての、そういう自己責任も問われるものでもあるだろうと思います。


これ、最近あった超身近な実際の仕事に関わることとは、全く無関係なことで書いています。(誤解も招きかねないので、書いておきます。)
でもまぁ、何かをはじめようとする時には、最初の最初からうまくいくなんて思わない余裕、建築などで隙間として表現される“遊び”の部分は必要ですね。
自戒もこめて、思います。
posted by Rin at 18:14| Comment(5) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モチベーション維持には適度な「遊び・ゆとり」が必要と感じます。
目線の位置、と言うか距離感も大切ですね。
Posted by raku at 2007年03月18日 03:28
raku様

大きな物件の進行に関わったりすると、その
物件の方向性を良い方へもっていくために
盛り上げ、モチベーション維持をはかったり
があるわけですが、いろんなことが起こる
可能性への対処を考えての冷静さも常に必要
になり、ほんと、rakuさんもおっしゃるよう
に距離感なども必要になりますね。
つい力が入るがゆえにゆとりがなくなったり
など、そうならないよう心掛けたりを自分自身
にも言い聞かせたりです。
Posted by Rin at 2007年03月18日 10:40
モチベーション必要ですよね。
自分はもちろん・・
プロジェクトチーム全体のモチベーション!!
いいものをみんなで創るんだ!!という強い意志

そしてみんなの意思が統一されて同じ方向の
ベクトルパワーが生まれるのだと思います。

私自身も常にテンションを高く、チーム内でも多様な意見が出てよい方向に進むようにしなければ・・と思ってます。その為には自分の意見をしっかりと持ち、みんなを説得させることが必要なんですよね・・

ただ確かに間違ったベクトルだと困りますので
仰るとおり常にちょっと下がって全体を見直すという心の余裕や冷静さも必要ですよね。常に冷静に判断しなければ・・
(どちらかというと私は熱くなって突っ走るタイプなので冷静沈着さに欠けている要素かも・・)
Posted by momo at 2007年03月18日 13:47
追伸:
もちろんプロジェクト自体がどこの企業でどのメンバーが推進するかによって内容や進め方も違ってきますので・・メンバーに参加するかどうかをまずは見極めることも必要ですよね。
仕事のオファーがあってもうちの会社らしさが出せるか?とか現状のプロジェクト推進とのバランスは?とか見極めてお断りする場合もあります。
きっちり見極めた上で、やると決めたら熱く突っ走るのです。
Posted by momo at 2007年03月18日 13:53
momo様

そうですね。
見極めて、そして状況状況で判断をしながら、
熱い思いを保ちつつ、冷静な判断力を失わず
・・・。なかなか難しいことですが、不可欠な
ことですね。

momoさんにとって、様々なプロジェクトを
引っ張っていかれるためのご判断と、会社と
してのご判断、その両面から検討すべきこと
が沢山おありでしょうし、そのご苦労は大変
なものだと思います。
わたしは、施設づくりにおいての最初の段階
での企画の重要性を、今の時代の流れの中、
つくづく感じております。
デザインも、よい企画内容のコンテンツに
あったものとなってこそ、活きていきます。
momoさん、がんばってくださいね。
わたしも、出来ることからコツコツとがんば
ります。
Posted by Rin at 2007年03月18日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。