2007年04月08日

長かった桜待ち

伊右衛門のれん200703.jpg

昨年も同じような暖簾広告を通勤電車で見かけたように思いますが、今年、この広告を見かけて写真を撮ったのは先月3月の中旬でした。1週間くらい見かけ、その後は見ていません。
電車内の吊り広告としては、なかなか楽しいデザインで勝負の広告で、吊り広告のデザイン改革も期待できるかなと思えるものですが、お花見を意識した広告として、登場の時期が番狂わせになってしまったことが否めないように思います。
桜前線予報の計算違いもさることながら、気温の変化の著しさが災いして、お花見に関係するビジネスにも大きな影響が出ていたことでしょう。この広告の早々のお出ましと引き上げも、そのひとつでしょうね。

関西での桜は、今ようやく満開となっています。
春、桜を愛でる日本の四季の移ろいの中にも、地球温暖化の影響がひしひしと感じられるようになっているということ、危機感をもって出来ることを行動する必要性を、咲きそうで咲かない蕾の桜が、この1ヶ月ほど訴えていたのかもしれませんね。

200704桜.jpg

posted by Rin at 13:34| Comment(3) | TrackBack(2) | 街角・風景 等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い広告ですね!
公共の場所で
さらに混み合う場所なので
やり方には規制があると思いますが、
だからこそこんな
出来そうで出来なかった技法が
際だちますね〜!
面白いですね。
いろいろこんな写真集めて見てみたいです!
Posted by Shiho@ashargent at 2007年04月11日 00:13
サクラ、とてもキレイですね!
ニュースなどで異常気象だとかよく耳にするのに慣れてしまいもっと大切なことを忘れがちです。
Posted by onora123 at 2007年04月11日 20:49
Shiho様

でしょ〜(^^)おもしろい広告ですよね。
去年から時々見かけていましたが、紙では
ない素材といい、中吊り広告として、すごく
斬新で目を引きます。
(お金もかかってるでしょうね。)
週刊誌のゴシック見出し並びの中吊り広告も
それはそれとして必要でしょうけれど、こう
いう広告に影響されて、もっと楽しげなデザ
インの中吊り広告が多くなってもいいのじゃ
ないかなぁと思ったりです。


onora123様

桜のある風景って、いいものですよね。(^^)
ご近所も今、桜盛りで、通勤途中も眺めながら
歩いていると、普段と違う安らぎがあります。

こういう四季の風情を守りたいものです。
地球温暖化、他人事では澄まないことを、桜の
開花予報ずれが切実に語っていたように感じま
した。
Posted by Rin at 2007年04月12日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

※恐い温暖化⇒国連が20年、50年、80年後の気候変動を予測...
Excerpt:  1.始めに 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が「温暖化の影響が全地球規模に及ぶ」という未来を予測した。決して、よそ事でない「内容」を直視しよう! 2.温暖化の全地球規模的な影響承認1)..
Weblog: 明日への道しるべ@ジネット別館
Tracked: 2007-04-08 18:04

春って着る服困りますよね
Excerpt: 最近は、いかにも春らしいうららかな天気ですね。 でもだんだん春らしい期間って短くなってきてますよね。 寒い、寒いと思ってダウンを着ていたのがついこの前なら、もう半袖でもいいんでないかいって..
Weblog: くだらないことに愛を込めて・・・blog
Tracked: 2007-04-09 23:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。