2007年04月28日

彷徨えるデザイン

衣食住、人が人らしく生きるために必要とされる最低限の条件からはじまる事柄ですが、デザインはこれらについて、いかに生きやすく使いやすくするかの模索から始まった行為ではないかと思います。
そんな原点から、生活への潤いを創り出すプラスαの要素が加わり、ある時は国と国、宗教と宗教の対立抗争などで持てる力を発揮するための道具を産み出すような行為などにも加わり、平和で物が溢れる時代の変化の中にあっては、心の内の表現のようなアートの世界への入口の扉をも叩かんとしています。

東京で、いくつかの展示会を見てきました。
デザインとは何ぞや、その問いに対する答えにつまるような、そんな時代になりつつあるような気がしました。本当はそうではないのかもしれませんが、表現者としてのデザイナーの意識が、どの方向性へ進んだらいいのかを試行錯誤しているように感じたのです。
東京ミッドタウンのデザインハブで行われていた企画展で、年代ごとにずらっと並んだ日本のプロダクトデザイン。そして、チョコレート展。青山でのSENSEWARE。
すでに使いやすさにおいて整理されることが繰り返されてきたようなモノたちへ、より進化を求められるデザイナーの行くべき先をはっきりと見出している人は、それほど多くはないのかもしれません。

デザインにおける、わかりやすさとは、万人にそのものの持つ意味がわかりやすいということにあるのだと思います。例えば、白い冷蔵庫といった家電がわかりやすくてよいとされ買われるのは、白さやシンプルさがどのような部屋にも合わせやすいと万人に簡単に想像がつくという意味によるものです。白くてシンプルなかたちであるからではないのです。
かたちの単純明快さが万人にわかりやすいかと言えば、それは少し違うように思います。単純なかたちが、もし表現者の心の内から発せらた感性の次元のものであった場合、伝わる人には伝わるし、伝わらない人には伝わらない。そういうものではないでしょうか。それが複雑なかたちや表現であれば、なおいっそうそうなります。その次元は、そのかたちから放たれるエネルギーが美であったり、力強さであったりすれば、アートの領域へ入るようにも思います。

以前、TVで放送されていたある番組で、チョコレートをコンセプトにイマジネーションの世界を広げるということについて、安藤忠雄氏が深澤直人氏に、“皆に理解をされようとすることは絶望的ですね”といったようなことを言っておられ、深澤氏が苦笑いしておられたことがありました。お二人の間だからいいようなおっしゃりようですが、あながち、万人の声と重ならないことでもないのです。
けれど、今を生きるデザイナーの創作活動に、チョコレート展で展開しているような発想力は、必要とされるところにデザインの領域がきていることもあるのだと思います。
深澤氏のプラマイゼロにも応用されている部分でもあるのだと思います。
そして、その展示で、それでもやはりさすがだと思ったのは、生活者の視点としてのデザインを、深澤氏はご自身の作品においてどの内容のものにも忘れてはおらず、デザインとアートのギリギリのラインでの鬩ぎあいの中で、デザイナーとしての意味づけができる部分を確実に残されていることを感じました。

21_21の中、これからも使われていくものとして、チョコレート色のスツールがいくつか配されていました。これまでなら、チョコレート色ではなく、ダークオーク調色とでも表現されたかもしれません。
展示会のためだけではないデザインとしての意味合いが、このスツールには生まれていました。深澤氏の展示作品の中には、こういった要素が含まれていたようにも思います。

万人に向けること、と同時に様々な場面の要求に応じられること、多様化していくデザインを取り巻く時代の流れの中、“何が求められていて、そのかたちが必要であるのか”の意味だけは、見失うことなくあることもデザイナーがデザイナーたるための砦なのかもしれません。
posted by Rin at 23:40| Comment(4) | TrackBack(3) | デザイン全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TV見てました。
計画する事はもちろん、寝食忘れる位、熱のある人間が関わり完成されて行くんですね。

Posted by raku at 2007年04月29日 12:13
raku様

あの番組、関西では日曜日の朝早くにやって
いて、たまたま仕事で出かける準備をしている
時にTVをつけたら・・・、で観ることができた
ものでした。
安藤忠雄氏・三宅一生氏・深澤直人氏という
すごいメンバーでのトーク、もっと大勢の人
が観れる時間帯にやってほしいですよね、ああ
いう番組こそ。

人を動かせるほどの情熱、それを支える努力、
そのパワーがあればこそのことが、結果、
残せるものになるのだということ、選ばれた人
は選ばれるだけのことをしているということ、
自らを省みて、ため息している場合じゃない
けれど、ため息が出る今日この頃です。(苦笑)
Posted by Rin at 2007年04月30日 00:45
深澤直人さんがディレクションをしたチョコレート展、
楽しい作品もあれば、リアルな現状を見せるものもあって
興味深く目にしてきました。
こうした展覧会、改めて考えると今までなかった。
21_21は、収蔵品を持っていないのでミュージアム本来の定義をふまえると、ミュージアムとは言えないわけですが(日本では展示の場=ミュージアムという名前が一般的だが、海外ではこのあたりは厳密に線引きされている)、海外ならデザインセンターと言われる施設に近いのかもしれません。今後、どのような活動となるのか楽しみです。
チョコレート展も、まだの人はぜひ。
Posted by Yuichi at 2007年05月11日 23:34
Yuichi様

コメントありがとうございます。

わたしの今回の記事、何が言いたいのかのポイント
が、わからない内容ではないかと思います。

東京でのいくつかの展示・展覧会を拝見し、考える
こと多かったように思います。
チョコレート展について改めて思うことですが、
東京ミッドタウンという新しい施設が向かえる
初めての大型連休間を含む展覧であったことが、
“チョコレート”という誰にでも親しみやすい題材
が選ばれた理由のひとつでもあるのかもしれなかった
かと思います。
日頃、“デザイン”といったことを改めて捉えて考える
ようなことはない人の方が圧倒的に世の中には多く、
‘話題の施設においしいものを食べに行ってみたら、
その施設に不思議なカタチの建物があって、どうやら
有名な建築家の建てたものだから、中はどんなだろうと
入ってみたら、なんだかおもしろかった’、・・・そういう
人の方が多く訪れる可能性がある条件がそろっている
中での“デザイン”としての展覧を考えることは、かなり
難しいものではなかったかと思います。

わたしは、深澤氏をデザイナーとして尊敬しております
し、あの場でも他の展示会でも、深澤氏の作品には、
なぜそうなったのかの意味合いが見出せて、新たな発想
の面白さを感じ取れたりと、刺激を受けました。
ただ、今回の展覧全体で、“チョコレート”を題材に
“デザイン”の何を伝えたかったか、という部分はとても
わかりにくかった(伝わりにくかった)ように思います。
アーティストの競演・・・という見方の方が意味があるの
かもしれませんが、せっかくデザインハブなどの機関が
ある場所での展覧です。デザイナーの方向性を導くだけの
“意味合い”の深さも、これから21_21をデザインに
関する日本の発信の中枢として大きく羽ばたかせていかれる
ものにされるためにも、このチョコレート展以上の意味合い
をもたらす展覧のあり方を期待したいです。
Posted by Rin at 2007年05月12日 12:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40289816

この記事へのトラックバック

「Good Design Good Life - 日本のデザイン」展ご来場者のブログ
Excerpt: 現在開催中の東京ミッドタウン・デザインハブ第1回企画展「Good Design
Weblog: グッドデザイン賞主催者公式ウェブログ
Tracked: 2007-05-06 04:24

yao_ESTAbLISH[ヤオ_エスタブリッシュ]〜21_21 DESIGN SIGHT 第1回企画展「Chocolate(チョコレート)展」
Excerpt: サントリー美術館の「水と生きる」展を見終わってから、 ミッドタウン内を散歩しました。 土曜日ということもあり、どこも人、人、人。 午後15時過ぎにようやくB1Fのカフェへ。 yao_ESTAb..
Weblog: a cup of sake 居酒屋&グルメ日記
Tracked: 2007-07-03 13:56

パートナーに「タナカ・ショウテン」様を追加いたしました!
Excerpt: こんにちは。コンサル社長です 私は「店舗検索.com」という設計・デザイン・施工会社様と新規開業をお考えのオーナー様をマッチングする、という主旨のサイトを運営しております。 本日、「タ..
Weblog: コンサル社長の繁盛店への道のりブログ
Tracked: 2008-02-15 12:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。