2007年05月04日

東京ミッドタウン

東京ミッドタウン1.jpg

【住所】東京都港区赤坂9-7-1
【TEL】03-3475-3100(コールセンター)
【営業時間】
ショップ:AM11:00〜PM9:00  
レストラン:AM11:00〜AM0:00
<※一部、営業時間が異なる店舗あり。>

【開店】2007.03.30 <新築>
【設計】
マスターアーキテクト:Skidmore, Owings & Merrill LLP
総括設計:日建設計
ランドスケープデザイン:EDAW,Inc.
商業棟デザイン:
Communication Arts,Inc.
隈研吾建築都市設計事務所
21_21 DESIGN SIGHT:
安藤忠雄建築研究所
【施工】
ミッドタウンタワー・パークレジデンシィズ・ガーデンサイド:
竹中・大成建設JV
ミッドタウンイースト・ミッドタウンウエスト:
大成・竹中建設JV

【関連HP】http://www.tokyo-midtown.com/jp/

東京ミッドタウン2.jpg 東京ミッドタウン3.jpg 東京ミッドタウン4.jpg 東京ミッドタウン5.jpg 東京ミッドタウン6.jpg 東京ミッドタウン7.jpg 東京ミッドタウン8.jpg 東京ミッドタウン9.jpg 東京ミッドタウン10.jpg 東京ミッドタウン11.jpg 東京ミッドタウン12.jpg 東京ミッドタウン13.jpg 東京ミッドタウン14.jpg 東京ミッドタウン15.jpg


すでにいたるところで書きつくされている東京ミッドタウン。
細かなデザイン情報をまとめることも考えてみましたが、個人的大まかな感想に留めておきたいと思います。

“東京”という地にあることで、経験の情報蓄積の粋を集めて洗練するということでは群を抜いて洗練し、地方発信を塗り替えて集め、日本人がこれから必要としている部分を、“日本”の再発見とともに集積しようと試みた街。

おそらく、海外のデザイン事務所を総括者に選び、多くの日本人デザイナーによって足場を固めた結果は、“和”を現代変換させながらこだわり、ひとつのデザインモチーフによって徹底した統一感を生まれさせ、見事なバランスの良さを創り出したと言えるのでしょう。

三井不動産の情報蓄積による最新傑作、そうも言えるかもしれません。その部分においては、森ビルのヒルズどころではないと思います。

東京にあって、あの場を見るともしかするとわからないかもしれませんが、東京の今後以上に、地方の可能性を見出せる場所でもあるかもしれません。
それを今更ながらに、外国人が教えている。日本のデザインの夜明けは、日本を愛さないデザイナー人口増加が顕著な昨今、もしかすると海外からの手助けなしには成せないのかもしれませんが、そのことに疑問を持つデザイナーが東京ミッドタウンなどを訪れて増えることを願ったりです。


ちなみに、東京生まれにして大阪育ちのわたしは、大阪の、関西の、これからの可能性を、東京ミッドタウンで垣間見ました。
大阪発信、関西発信の、なんと多く集まっていたこと。
堀木えり子さんの力作も心斎橋そごうが上質、リッツカールトンも大阪が上質、それも正直な感想です。
メディアの東京集中が東京を盛り上げていますが、洗練されるところまでされてきた都市での“頭打ち”は、メディアにもそのうち跳ね返るかもしれません。東京は“地方の集まり”の街、でもあることを、ここで再確認してしまうくらいですから。

(全くの余談ですが、某地方知事に対する反論で、“田舎者”呼ばわりしていた東京生まれでも育ちでもないお人にも、少々言いたい気がする今日この頃。その手の感覚が、東京を下げるのです。)
posted by Rin at 23:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 大型商業施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40836960

この記事へのトラックバック

【東京遠征レポ】六本木新名所「東京ミッドタウン」
Excerpt: この春行った2度目の遠征4日目には六本木を訪れ、3月30日にオープンした東京の新名所「東京ミッドタウン」へ行きました。この日はまだオープンして7日目でした。 「東京ミッドタウン」は六本木の防衛庁..
Weblog: 極もん底値ブログ
Tracked: 2007-05-08 22:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。