2005年09月28日

ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店

帝国データバンクが9月14日に発表した2004年度の海外ファッションブランド日本法人の申告所得によれば、主な企業45社の申告所得の合計は前年度比3.0%増の1,258億7,300万円と過去最高を更新したそうだ。なかでも、ルイ・ヴィトンを持つLVJグループは3.1%増の約364億円で、調査結果の残っている1993年度以来、12年連続でトップに輝いている。申告所得額はローソン(約370億円)やイトーヨーカ堂(約337億円)に匹敵しているとのこと。
つまり、それだけ人気も不動のものと言えるだろう。

そんなルイ・ヴィトン。ここ数年、規模も話題性も大型の出店やリニューアルが続いている。そこで、それらのお店について取り上げてみたい。

まずは、2003年オープンの六本木ヒルズ店から。

【住所】東京都港区六本木6-12-3 六本木ヒルズ六本木けやき坂通り
【TEL】03-3478-2100(カスタマーサービスセンター)
【営業時間】AM11:00〜PM9:00(金〜日は PM11:00まで)

【開店】2003.09.05 <新築>
【経営者】LVJグループ ルイ・ヴィトン ジャパン カンパニー 泰 郷次郎
【設計】青木 淳建築設計事務所  スタジオ アウレリオ クレメンティ
    ルイ・ヴィトン マルティエ アーキテクチャー・デパートメント
【実施設計】エイチ アンド エイ
【協力】照明:ジョージ セクストン アソシエイツ
【施工】清水建設
[商店建築 2003.11掲載]

【関連HP】http://www.vuitton.com/

六本木ヒルズの六本木けやき坂通りのほぼ中央、六本木ヒルズアリーナの正面に位置する立地にそこはある。
設計に携わった青木 淳氏とルイ・ヴィトン マルティエ アーキテクチャー・デパートメントのエリック・カールソン氏は、過去にも名古屋店・松屋銀座店・表参道店を手掛けた実績があり、そこにアウレリオ・クレメンティ氏が加わったということだ。
青木 淳氏のルイ・ヴィトンはその後、ニューヨークにおける新しいフラッグシップショップ「LOUIS VUITTON 1 EAST 57TH」や、日本においては最初(1981.09オープン)の直営店である銀座並木通り店のリニューアル(2004.0903オープン)へと続いていく。

六本木ヒルズ店で、デザイン全体を通じてモチーフとなっているのは直径10cmの円であり、ファサードでは直径10cm・長さ30cmのガラスチューブ、内部ではステンレス製リングを二重に合わせたメッシュがパーティション・壁面・天井で使われている。
ファサードのガラスチューブは約3万個並べられており、幅36m・高さ12.5mの巨大スクリーンを構成している。外から見る位置や光の具合で、ルイ・ヴィトンのマークであるフラワー型やダイヤ型にも見えるよう仕掛けが施されている。

内外でこの直径10cmというひとつの小さな単位がこだわりぬいて繰り返され、大きな単位の要素を創り上げていく。そしてそこには、ルイ・ヴィトンの世界的ブランドとしての誇りあるこだわりが重なって感じられ、無限のスケール感を醸し出している。

ルイヴィトン-六本木ヒルズ1.jpg ルイヴィトン-六本木ヒルズ2.jpg


posted by Rin at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 物販>ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。