2005年10月02日

優勝翌日の甲子園はおだやかで

甲子園球場.jpg
阪神、優勝しましたね。

たまたま優勝の翌日、仕事で甲子園球場近くを通ることがありましたが、晴れやかな空の下、外から見る甲子園球場は静かでおだやかな佇まいでした。
(前日の夜の周辺の様子なんて、影も形もないような・・・。その賑やかさは、そっくり阪神百貨店内に移動したのかな。(笑))


わたしは、関西圏に住んでいるにも関わらず、実は巨人ファンだったんですが(サッカーは、ガンバやセレッソ応援してるんですが)、この過去形表現が微妙なところで・・・、最近の野球は、すっかり球団じゃなく各選手を応援したい気持ちモードだったりです。
その流れで言うと、金本選手や藤川選手は応援していたりで(ほか応援しているのは、清原選手や古田選手、イチロー選手に松井選手などなどですね。皆さん、優秀な方ばっかり)、なのでまぁ、巨人敗れて阪神優勝も、今の巨人のすっきりしない状態からじゃしょうがない・・・、“金本さん、最後よかったですね!”みたいな気持ちで見ていたりです。

思うのですが、やはり選手を大切にしない球団あるいは球界は、人気が下がってしまいますよね。スポーツは、そこで頑張ってる選手あってのものなんですから。

なんだか、古田選手などが球界再編成劇で頑張ってこれからなのでしょうが、スポーツ界といえど球団は企業なんだなと・・・、だけど昨今の社会、大企業のリストラやらで長年勤めても返り討ちにあうそんな社会だけに、個人をいかに活かせるかを多くの人がココロの中試行錯誤する時代だったりする、そんな人のココロを感じ取れる企業が求められてるんじゃないだろうか・・・とか、野球ひとつとってもしみじみ思ってしまったりなこの頃です。企業戦士時代を築いた団塊世代がいなくなる2007年を前に、そんなことも感じます。


阪神優勝ポスター.jpg
話は変わりますが、阪神電鉄にあまり乗る機会がなかったのですが、「武庫川」駅は、ちゃんと川のそばにあったりと、普段利用の多い阪急沿線で感じなかった妙に風景楽しむ小旅行みたいな感覚を楽しめました。

阪神電鉄沿線は今、阪神優勝の文字があちこちで輝いています。



posted by Rin at 14:48| Comment(0) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

世界旅行 Vol.19 甲子園(阪神優勝!!)
Excerpt: 阪神タイガース 2年ぶり5度目(2リーグ制)の優勝!! おめでとう!! いや〜すばらしいですね。 地元での胴上げすばらし過ぎです!! 世界旅行第19弾目は、阪神の優勝記念しまして グ..
Weblog: BLOG×PROCESS5
Tracked: 2005-10-03 10:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。