2006年03月06日

内なる瞑(迷?)想

ここしばらく、じっくり調べて書くための落ち着きがありませんが、そういう時は、考えは内へ内へと向かっていく傾向があります。
それはそれで悪い意味ではなく、水面下では沸々と脱皮したくってもがいていたり、ジャンプする前の姿勢で構えていたりのときもあります。(まぁ、ジャンプしないでつんのめることも多々あったり、構え姿勢のまま数年続くなんてこともありますが。(苦笑))あまりほめられたことではない傾向としては、手は動かしていても、頭の中身は違うところに潜り込んでいたりもあります。
考えることは多いのに、カタチとして見えてこない…、情報ブログだったはずが、現状の記事もそんな感じになってしまっているかもしれませんね。

屋外ゥ動階段昇降機.jpg写真は、とあるアミューズメント色の濃い商業施設で見かけたもの。
他にもそこそこ段差の多かった場所のように記憶しているのですが、この自動階段昇降機だけが妙に目立っていました。
ここがどこで、それについて述べようという気は、今はありません。こういうの残念ながら、けっこう見かけるんですよね。“とってつけたような…”と、言えなくない。事実関係を知らないのでほんと言えないのですが、後付けでとってつけたような、そういうものだったんじゃないか…と感じさせる目立ちようでした。まわりとまるで馴染んでいないのです。
そうだった…と、軽く流してよい問題ではありませんが、これから建てられるもの、改装されるものが、真剣に取り組まなくってはならない問題ということに、ここでは留めておきます。

この、とってつけたような…は、文章にも起こりえます。中途半端なことをすると、せっせと更新する価値がふっとんでしまうくらい、不味いものになってしまわなくもないなぁと、わたしの力量では思っています。“おざなり”は、極力さけたいことです。(お読みいただく方からすれば、今日のだってそう映るかもしれませんが。)
成長期の青年は、質より量で、ご飯山盛りと1リットルのコカコーラを一緒に飲み込んでも満足しちゃったりで、それですくすく成長できたりもありますが、すでにそういう時期は終えた世代の、動物占いではコアラ(フットワークの軽いコアラだそうです…)と出るようなわたしなどは、しみじみ考えながらそれなりに馴染むことやっていきたいなぁと、しみじみ書いております。そして訪れていただく方にも、(思考の渦巻き潜伏中は、特につぶやきカテゴリの記事が多くなるかもしれませんが、)勢いでご飯とコカコーラのセットをお出ししないよう…、いられるかな…どうかな…がんばらなきゃねとは、心の中では思っている今日この頃です。
posted by Rin at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

誇りあるサービス

KLMオランダ航空バッジ.jpgこの写真のもの、これそのものに価値があるのかないのか・・・は、実はわからないのですが、わたしの子供の頃からなぜか宝物おもちゃ箱の中に紛れ込んでいて、それを年頃になった時、そのままきちんとした宝物に移行してずっと大事にとっておいたものです。
KLMオランダ航空のピンバッジ。(空港で売っていたものか、はたまた会社のなにかなのかは、今となってはさだかではありません。詳しいことは内緒。(苦笑))

それはさておいて何が言いたかったかといいますと、このバッジの羽の上の王冠は、永年にわたりオランダに貢献した企業、それも一業種一社にのみ限られ与えられる“ロイヤル”の称号の証なんですね。KLMオランダ航空(ROYAL DUCH AIRLINE)は、その限られた数社の中の一社になります。

今、JALが大もめにもめて大変な事態になりながら、経営陣を刷新し新たな展開をはじめています。ニュースでも大きく取り上げられていますが、JALがこんな事態になるなんて、昔は考えられないことでした。航空事業は、KLMオランダ航空がロイヤルの称号を与えられるくらい国を挙げての事業でもあり、日本においてJALは、その誰もが知るリーディングカンパニーです。これは、本当に悲しい事態。

過去のJALは、誇りあるサービスを提供する、ロイヤルに匹敵するだけのものがあったはずです。鶴丸マークのロゴが消えたのと一緒に、その誇りまで失ってほしくはありません。
一日も早くこの危機的状況から、脱してほしいです・・・。
posted by Rin at 01:34| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

備えあれば憂いなし

皆様、データのバックアップ、日頃から心がけていらっしゃいますか?

わたしは勤め先では、様々なデータ(特に図面など)をバックアップしておく習慣を、社内に広める役割を長年果たしてきた手前、自分が作成したもののデータの保存管理は、かなりしっかり行うクセがついています。
ですが、ブログの写真以外の記事データは、つい、おろそかになっていました。
当ブログはseesaaブログですが、日頃の使い勝手の良さから、サーバーについても信頼している部分もあります。

ここ数日の間にseesaaブログでサーバー異常が発生して、メンテナンスが長時間行われたりがございました。データにはなんの間違いもなく済んでホッとしましたが、モノには壊れない絶対なんてことはなく、そのことを改めて思う出来事でした。

昔に比べれば、パソコンのハードディスクも滅多に壊れなくなりましたし、seesaaブログをはじめとしたブログサーバーなどを扱う各社とも、様々な対策をとられていることとも思います。
ですが、備えあれば、憂いなし。
大切なデータは、必ずバックアップをとっておかれることをお勧めします。
posted by Rin at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

大阪から発信する

KA-TA-CHIの別室として、『大阪から発信する』というブログを立ち上げてみました。
KA-TA-CHIで取り上げられなかったことも含め、“大阪”をテーマに、やはりちょっぴり“デザイン”に関したことにもこだわりながら、もう少々気軽な場所にしていければと思っています。
よろしかったら、お立ち寄りください。
KA-TA-CHI共々、よろしくお願い申し上げます。
posted by Rin at 00:39| Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

工事現場と男と女

1日が24時間に、プラスで睡眠時間があればいいのになんて思う今日この頃。調べたいこと、書きたいことが、溜まっている。

今日はまた別のお話。さて…、
建築工事現場は男社会だ。といったら、どこかから反対意見が押し寄せたりするだろうか。いや、言わずとも、当たり前に、そうだろうと思われている場所じゃないだろうか。
小さな現場ならまだしも、大きな現場では1日何百人の人々が働いていたりだが、そんな中、現場事務所で事務的な仕事や図面に携わる人を除き、女性の姿は2〜3人見ることができれば多いくらいの場所。20代のころ、わたしが仕事で監理側の一人として常駐した経験のあった現場は、そんな様子だった。今も、そう変わりはないのではないかと思う。

それくらい、その場にいる絶対数が違うから、現場によってはそれなりに仕上るまでは、男性用の小便器が荷上げ用エレベーター横にむき出しで設置されていたりもあった。これは、仕方のないことなのだ。ある程度建物が出来上がるまで、機能する仮設トイレは現場の外にあり、その規模によっては、作業する場所からかなりの距離がある。作業効率を考えれば、現れるか現れないかわからない2〜3人の女性の存在などについて考えるより、自然現象に対する対処もすみやかにできるように考えるのも当然のこととなる。
(こういったことを書くと誤解する方もいるかもしれないので、念のため申し上げておくが、わたしは筋肉モリモリの勇ましい女性などではなく、ごくごく普通の女性である。)
そして、そういった環境に対し、かりにジェンダーフリー的な抗議運動にありそうなことを言うなら、他所でやってくれというか、それで仕事になるのか、建物は出来上がると思うのかあなたは、といったこととなる。

それなりに仕事をしてきて、男女同権は日本社会全体において願いたいことであるが、それぞれの生物的人体的違いを理解しての、お互いを尊重・尊敬し合う中での平等でもあってほしい。
これは、かなり大切なことではないだろうか。
案外、オフィスなどより、工事現場くらいの男社会の方が、女性であることを前提に頼ったりせず、本気でまじめに仕事していれば、理解を示し協力してくれる男性も多かったように記憶に残っている。
男女差ではなく個人差として、それぞれの仕事のやり方、臨み方で、評価や対応も決まる、そういう時代であってほしい。

某IT元社長が、女性の気持ちはお金で買えると言ったとか言わなかったとかも過去あったが、そういった発言があるとかないとか取り上げられることそのものも、男社会の下地があるような気がしないでもないが、お金への執着も男女差ではなく個人差のはずだ。

少々話がそれたが…、
こと仕事においては、男女差を超えた、人間愛に基づくつながりを沢山つくれるような、そんな仕事をしていきたいなぁと、最近しみじみと感じていたりする。
posted by Rin at 12:38| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

机上の空論

デザインについて議論をするならば、
デザインについて批判をするならば、
それがデザイナーのすることであるならば、なおのこと、
せめて、
そのものを手にとって、見てからにしませんか?

この叫びは、ものと
そのものづくりに関わったであろう人々すべての、
叫びと思っていただいてかまわないだろうと思います。
posted by Rin at 12:54| Comment(12) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

進化するブログ

先日1月7日に、日本橋三越本店について記事にさせていただいたが、現在、三越の公式サイトの『感動百貨店日記(ブログ)』という企画コーナーの中で、一般からリポーターを募った期間限定ブログ企画をされているようで、少々興味深かったのでご紹介。

三越とNTTデータによる、一般リポーターの書くブログによって三越への来店をどう促せるかの実証実験だそうで、実験店は日本橋本店。期間は3月31日まで。そして、その一般リポーターを現在募集している。この登録を行ったリポーターは、『感動百貨店日記(ブログ)』の設定先「三越コミュニティサロン」内にブログを作成して記事を書き、その記事数や来店頻度、アクセス数に応じて、最終日に日本橋本店で行われるイベントで表彰もされるそうだ。
ブロガーとしての腕試しに、百貨店での買い物が多い、ある程度の来店が可能な地域の方のチャレンジとしては、おもしろい企画とも言える。(わたしも東京在住であれば、当ブログとは別に参加しているかもしれない。)

ブログの活用法も多岐に渡り始めている昨今、こういった企画はさらに増えてくるのではないかと思う。
ブログ商業活用も、何か物を販売するなどの、ただ直接販売行為を全面目的に押出したものではなく、消費者の目から見た口コミ的要素による読み手の判断材料を広げるものや、コミュニケーション要素も持つ一方通行でないものであれば、非常に説得力のあるマーケティングにも繋がる。
デザイナーとしては、そういったブログの発信する情報から、売れる店づくりや、売れる商品動向リサーチにもなるだろう。

『ブログ』というツールは、アイデアしだいで、今後さらに進化していくように思う。
posted by Rin at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

ことばの技術

かたちとことば、ことばとかたち。
これから、こだわっていきたいことのひとつでもあります。

ペンは剣より強し、無冠の帝王といった、新聞記者に対した賞賛を表したことばがありましたが、プロは、ことばを選んで選んで選んで・・・、そしてそれをかたちにし、賞賛を浴びるだけの説得力をもって、世の中すら変える力をもっていた。これは、今もそうであるはずだと思います。

本当にあらゆる意味で賞賛されるものは、かたちであれ、ことばであれ、その表現には考え抜かれた末に出来上がった仕上がりがある。建築であれ、プロダクトであれ、使う側の立場や環境を考慮した熟考の結果として、そいでそいで生まれるかたちが美しかったりする。
ことばもまた、同じことが言えると思います。

正しく伝わるということの裏側には、ことばを扱う技術力というものが必要とされる。こんな場で書いている分にはよくても、出版されるようなデザイン評論には、特にこれは必要とされることのように思います。書く側の意図がなんなのかすらわかりにくくしてしまうくらい、簡単に書かれすぎるから、誤解が生じてしまう。読む側が必死で“大人”にならなければ正しく伝わらないものは、ことばの技術力の問題であったり、感情的であったり(これが一番多いように思いますが)、往々にして、客観的に何度も何度も読み直して修正を入れてみたりの扱いはされていないような・・・、そういったものが多いとも思いながら読んでおり、それをまた自分自身の戒めにもしようとは思いながらいたりです。

デザインはなかなか簡単につくれないけれど、ことばはネットの発展によって、かなり簡単に書かれてしまわれる時代であることも、単なる批判なのか批評なのかわからないものが、広く出回ってしまうことにつながっているのかもしれません。
デザインされたものが、どんな意図をもって創造されたものであるのかをどこまで知った上での批判なのか、あまりに簡単に書かれてしまうのは(書いた方は簡単ではなかったかもしれないことばでも、そう読み取られてしまうことが多いであろうものは)、デザイナーやデザインされたものに失礼でもあるとは思います。結局は、ことばを選んでいないから、誤解を受ける。それに尽きると思います。

書いた側の気持ちを読み取り察してあげながら読まなければ、本当のところを理解できないことばは悲しすぎるし、真の批評には向いていない。わたしのような凡人が見てもそう感じてしまうものは、それ以上の裏側、客観性とは異なった、感情のひだのようなものすら読み取ってしまう人は大勢います。
そうであるのに、表面的な表現だけが影響力として広がってしまう。へたをすると、例えばひとつの企業を、ここでああ言われていたし、やっぱりあそこはだめなんだ、といった社会評価すら生んでしまうような、書き手の意図とは違う誤解を生んだり、そんなきっかけにすらなってしまったりも起こりかねない。
それはものすごくはっきり言ってしまうと、よくよく選ばれ考えられた上でそがれたものではない、ことばの足りなさによるものだということを理解されたものかどうかが、問題だったりするかもしれません。その時、どう書かれたかで広がってしまった影響力は、あとからの修正がなかなかきかないこともあるということを思えば、ことばの技術力がいかにデザインについて語られる世界でも大切かということも、物語っているとも思うのですが。
もののかたちが語っていることについて、どうことばで表現されるかで、そのかたちが正しく伝わるかの明暗を分けることもあることを思えば。

(そしてわたしくらいの度量では、賞賛や賛成ができると思える部分に焦点をあてた、書きようになってしまうということもありますが。)
posted by Rin at 05:14| Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

あけましておめでとうございます

謹賀新年2006.jpg

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
皆様にとって、素晴らしい年でありますよう、
心よりお祈り申し上げます。   
                       Rin
posted by Rin at 00:14| Comment(11) | TrackBack(4) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

良い年をお迎えください

わたくし事ですが、ただ今、大掃除の真っ最中です。
(掃除にも集中しないと、良い年が迎えられそうにありません。(汗))

今年体験したことは、今年のうちに記事にしたいと思っておりましたが、来年にも持ち越しそうです。ここではどちらかと言えば、その時感じたことなど以上に、情報をわかるかぎりは正しく伝えようとすることにも力を注いでおりますので(わたし自身も、そうやって学んでいっておりますため)、調べたり調べたことをまとめたり考えたりで、少々時間もかかっております。ご訪問くださる皆様には、どうぞ温かい目で、今後ともご覧くださいますようお願い申し上げます。

ブログを書き始めてより、たくさんの出会いがございました。一期一会なご縁のものもあるかもしれませんが、そこから多くのものを吸収できたことを、様々な中で活かしていきたいと思います。そして、来年はさらに多くのものを見、考え、発見し、その繰り返しの中で、より成長できる年にしたいと思っております。
また、繋げ続けていただけますご縁は、これからもより大切に致したく、何卒よろしくお願い申し上げます。

学生のころ、人物論というゼミを聴講しておりましたが(当時の恩師とは、現在もお年賀をいただけるなどの繋がりが、細々とでも続いております。ある大学の学長も長年勤められた師の、その文章たるやまさに文学ですが、物事の奥を見極める深さ、美しさ、そのようなことを学ぶものであり、いつかこちらでご紹介できるようなこともあればと思います。)、様々な作品の背景には“人”があり、そのころ学んだことの影響もあるかもしれませんが、“もの”と“人”の関係は最も興味深く、また、そのあいだをつなぐ“ことば”には、やはりこだわっていきたいと思っております。

まだまだ、どのような展開をしていくか日々考えながらのブログ綴りではありますが、ここをきっかけとして出会えた様々な“かたち”を、大切にできる場でありたいと願っております。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
posted by Rin at 14:38| Comment(10) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

Merry Christmas!

MerryChristmas.jpg

皆様にとって、素敵なクリスマスでありますように・・・。 Rin
posted by Rin at 00:52| Comment(14) | TrackBack(4) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

12月

12月に入り、今年も残すところあと1ヵ月。

ブログのデザインを、唐突に思い立って変えてみました。
朝たまたま乗った通勤電車が、新しいモデルのものになっており、なんだかムクムクと帰ったらブログを変えよう!という気持ちが沸いてきたのでした。(まったく、何がきっかけになるかわかりません。(笑))

写真は、大阪・サントリーミュージアム[天保山]の記事を書くときに撮った写真です。
ミュージアムの2Fピロティ部分から見た夕日。ルーフテラスやマーメイド広場から見る夕日も本当に美しく、海を美しく感じられるように設計されたことをしみじみ感じる情景でした。
この写真は、わたしのなかでは今年のベストヒットかも。

さて、ブログのデザインはお休みの日にもう少し文字色やらいじって、体裁を整えようかな・・・といった感じです。
ブログを書くようになって初めてスタイルシートなど触るようになりましたが、初心者向けの本をちょこちょこ読みながらなので、なかなか変更も時間がかかります。(汗)
posted by Rin at 00:54| Comment(9) | TrackBack(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

我が家のささやかXmasツリー

大阪市内のイルミネーション&ディスプレイ・キタ編Uを掲載の前に、恥ずかしながら、かなりささやかな我が家の小さなXmasツリーをご紹介。

我が家のツリー.jpgいただいたコメントへのお返事で、玄関にツリーを飾ったことを書いたので、ご紹介するような代物ではないのだが、外ばかりでなく家庭でもXmas気分を楽しんじゃいましょう!を実践ということで・・・。(笑)
フォトショップで少々見栄えよくしようと、光などあててみたり。

<ほとんどお金をかけていませんが、本人はとても満足しています。(苦笑)
このツリーの出来栄えは別として、何事も、楽しもうとする心も大切かなぁ・・・なんてことも思う、今日この頃です。デザイン活動でも、日常生活でも。>
posted by Rin at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

優勝翌日の甲子園はおだやかで

甲子園球場.jpg
阪神、優勝しましたね。

たまたま優勝の翌日、仕事で甲子園球場近くを通ることがありましたが、晴れやかな空の下、外から見る甲子園球場は静かでおだやかな佇まいでした。
(前日の夜の周辺の様子なんて、影も形もないような・・・。その賑やかさは、そっくり阪神百貨店内に移動したのかな。(笑))


わたしは、関西圏に住んでいるにも関わらず、実は巨人ファンだったんですが(サッカーは、ガンバやセレッソ応援してるんですが)、この過去形表現が微妙なところで・・・、最近の野球は、すっかり球団じゃなく各選手を応援したい気持ちモードだったりです。
その流れで言うと、金本選手や藤川選手は応援していたりで(ほか応援しているのは、清原選手や古田選手、イチロー選手に松井選手などなどですね。皆さん、優秀な方ばっかり)、なのでまぁ、巨人敗れて阪神優勝も、今の巨人のすっきりしない状態からじゃしょうがない・・・、“金本さん、最後よかったですね!”みたいな気持ちで見ていたりです。

思うのですが、やはり選手を大切にしない球団あるいは球界は、人気が下がってしまいますよね。スポーツは、そこで頑張ってる選手あってのものなんですから。

なんだか、古田選手などが球界再編成劇で頑張ってこれからなのでしょうが、スポーツ界といえど球団は企業なんだなと・・・、だけど昨今の社会、大企業のリストラやらで長年勤めても返り討ちにあうそんな社会だけに、個人をいかに活かせるかを多くの人がココロの中試行錯誤する時代だったりする、そんな人のココロを感じ取れる企業が求められてるんじゃないだろうか・・・とか、野球ひとつとってもしみじみ思ってしまったりなこの頃です。企業戦士時代を築いた団塊世代がいなくなる2007年を前に、そんなことも感じます。


阪神優勝ポスター.jpg
話は変わりますが、阪神電鉄にあまり乗る機会がなかったのですが、「武庫川」駅は、ちゃんと川のそばにあったりと、普段利用の多い阪急沿線で感じなかった妙に風景楽しむ小旅行みたいな感覚を楽しめました。

阪神電鉄沿線は今、阪神優勝の文字があちこちで輝いています。

posted by Rin at 14:48| Comment(0) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

「日本の行き先を決めるのはあなたです」

今日は、衆議院議員 総選挙の投票日。
もう投票はお済みですか?

郵政民営化の参議院否決で衆議院が解散となった時は、どうなることやら・・・という心境で見ていた政局。それにも今日、答えが出るというわけです。

今回は、有権者の関心が非常に高いですよね。
若い有権者にも身近に関心を深めて一票を投じてもらえるよう、総務省も選挙啓発イメージキャラクターに、サッカーの川口能活選手と女優の加藤あいさんを起用したりと、お役所も世相背景を考える時代になってきたなと感じます。

これで「日本の行き先が決まる」というよりは、これを機に、さてどうなっていくか・・・だと思うのですが、ここで投票はしておかないと意見も言えないというわけで、いざ投票してまいります。(どこへ(誰へ)投票するか、それは秘密(^^;です。)

追記(2005.09.12 23:10):自民党の圧勝でしたね。郵政民営化もこれで決まりそうですが、勝ったからには、“勝って兜の緒を締めて”で、がんばっていただきたいですね。景気安定、福祉充実・・・一市民は祈るばかりです。
posted by Rin at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

ごあいさつ

街を散策すると、様々な“カタチ”に出会います。

ここでは、ちょっとデザイナー視点的なショップとインテリアに関した情報(新旧問わず)を中心に、時折、当blog管理人RINのつぶやきなども交えながら、まとめていきたいと思います。

どんな方向へ進んでいくか、人の心の“カタチ”にも触れる日々の中、切磋琢磨できれば幸いです。






posted by Rin at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。